禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2007/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/11

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2007/10/16
以前にも似たニュース(肺がんを健康診断で見落としたら慰謝料 2006/04/27)がありましたが、今回は刑務所内での健康診断だったとのこと。刑務所内での診断ミス・見落としということで、医者への直接請求ではなく、国に対して請求をしているようです。
[肺がん見落としで国に賠償命令]の続きを読む
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

2007/10/06
養老孟司氏といえば、300万部を超えるベストセラー『バカの壁』の大ヒットが記憶に新しいところですが、物議をかもす問題発言を「文芸春秋」でしていましたね。

----------------------------
養老孟司の超刺激発言 「たばこの害根拠なし」「禁煙運動はナチズム」
J-CAST 2007/9/18

東京大学名誉教授で解剖学者の養老孟司さんが、「たばこの害や副流煙の危険は証明されていない」「禁煙運動家はたばこを取り締まる権力欲に中毒している」などと月刊誌の対談で発言した。これに、日本禁煙学会が激怒。「たばこが害だという根拠が無い、という根拠を示せ」と2007年9月13日に公開質問状を出した。
(以下省略)
-******************************

それにしてもこの手の話はいつまでたっても議論が平行線で、実際のところあまり意味がないという気がしてきます。「科学的論拠」と言われても、おそらく

統計的に見て、たばこを吸っている人は吸わない人より病気になる確率が高い
[養老孟司氏の「たばこの害根拠なし」発言 2007/9/18 ]の続きを読む
<スポンサードリンク>

2007/10/02
ニコチンといえば、たばこに含まれる中毒作用を持った化学物質であり、喫煙者の常套文句ともいえる「ニコチンが切れた」という表現でもおなじみです。強力な中毒作用がある故になかなか禁煙できない、というやっかいな物質でもあります。しかし、朝タバコを吸うと頭がすっきりするということからも分かるように、ニコチンは意識の覚醒に役立ちます。アメリカでは、治療薬としてニコチンの効果が認められているそうです。
[アルツハイマー病にニコチンが効き目あり(Forbesより)]の続きを読む
<スポンサードリンク>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。