禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/11/03
今日、実家に連絡したら父が手術をすることになったとのこと。早速、明日の午前中に入院予定です。
手術するのは4日後です。その日は伯父と伯母も来るそうです。祖母はかなり弱ってきて、遠出は出来ないので、田舎で待機。

検査結果によれば、転移していないとのこと。また、癌である確立が50%という話です。何故、癌である確率が50%なのに、手術で切除するのかというところがよく分からなかったのですが、念の為に切除するのかもしれません。

始めはこの説明がよく分からなかった為、手術が成功して生存する確率が50%なのだと勘違いしていました。ただ、両親は身内にも隠し事をしたがる性質なので、油断はできません。両親に対して医者がすでに病状や手術方法について説明しているのであれば、わたしがあれやこれや口出しするのもおかしなものですから、なんとなく分かったような分からないような状況です。

がんである確率が50%ということですが、担当医の感触(勘?)ではおそらくがんで、切除した方が良いということかもしれません。奥にある部分がどうなっているのか?ということは、結局何度も手術を経験している医者の勘が頼りなのかもしれません。どちらにせよ、おかしな物体が父の肺の奥に存在するということは間違いないのですが。
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/102-2fe6476a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。