禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/11/09
本日、肺がん手術後の父を午後から面会に行きました。
状態は良好で、普段どおり話せました。ただし、体には管が数本ついていて、まだ歩いてはいけないとのこと。部屋も2人部屋を1人で使用していたので、広々としています。
寝ているときは痛みがないが、咳などをすると痛いらしい。特にたんを出す為に咳をわざとしないといけないが、それが痛くてできない。医者は「タンを出さないと肺炎になるよ」と注意を受ける。2時間おきにタンを出さないといけないので、慣れないと結構大変です。タンが出にくいときは、水を飲んでもOKとのこと。

机の上には呼吸練習器がある(正式名称は不明)。息を吹いて、ボールを上げる練習をする器械です。ボールは3つあり、3つ上がると1200cc(ml?)と書いてある。2つなら900cc。要はたくさん上がるほど、息を吐く能力があるということ。しかし、肺がん手術で肺を切除しているので、その能力が低下している。手術前は3つボールが上がったが、今日は2つしか上がらない。医者曰く、それでもOK。手術3日前から朝昼晩と練習したので、息を吐くこと自体は問題ないらしい。元々、喘息持ちで、息を吐く能力が低いのが心配だ。

食事は今晩からしてもよいので、痛みとタンだけが問題。後は喘息の発作が起きないように、注意が必要。タンを出す為にわざと咳をして、それをきっかけにして喘息が始まってはたまりません。

妻によれば、手術した部位を軽く手で押さえて咳をすると、痛みが和らぐらしい(※妻は看護士)。それを父が知っているかは不明。明日、確認します。

明日は個室に移るとのこと。「お金がかかる」と母はそちらも心配しています。普通の4人部屋であれば、保険からまかなえますが、個室料金の¥15,000は別途払う必要有り。¥25,000の部屋もあるらしいが、そこまでの金銭的余裕はないので、却下。

<参考>
肺がん手術後3週間経過 いよいよ出社 (2005/12/2)
ついに退院 (2005/11/22)
肺がん手術後2週間経過 いよいよ退院 (2005/11/21)
肺がん手術後11日経過 外泊許可取り消し (2005/11/19)
病気・手術の周囲への影響 (2005/11/14)
肺がん手術後1日目 (2005/11/9)
肺がん手術終了(2) (2005/11/9)
肺がん手術終了 (2005/11/9)
肺がん手術まであと3日 (2005/11/5)
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/107-62555c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。