禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2006/02/10
星城大(愛知県東海市)の川俣幹雄助教授(49)によると、「500円で禁煙する」と答えたのは47.3%、「1000円で禁煙する」と答えたのは77.4%だったそうです(毎日新聞 2005/2/8)。価格が上がると禁煙する人が増えるのは当たり前の話なのですが、では実際にいくらなら、どれだけの人が禁煙するのか?ということを定量的に測定した人は少ないように思います。
今回の実験(昨年実施)では、100円刻みでたばこ1箱の価格を300円から1400円まで示して、それぞれ禁煙するかしないか聞いたそうです。その結果、半数が禁煙するのは519円という計算結果になりました。

この結果発表は明日から松山市で開く日本禁煙学会と、5月の米国呼吸器学会で発表するそうです。それにしても「日本禁煙学会」なんてものがあるのですね。知りませんでした。

個人的にはこの519円という数字は中々良いところだと感じます。というのも、たばこの値上げをすれば喫煙率が下がるといったところで、無制限に値上げできるわけではありません。そんなことをすれば、当然別の問題が起きますから。

ただ、おそらくアンケートではそのような結果になっても、実際にこれだけ値上げしたら、大多数の人がやめるのではないか?という気もします。また、海外の事例を見ると、たばこの価格が高くなると、みなきついタバコを選ぶようになるのではないか?と予想します。1本1本が高いから、日本のように軽いタバコをポンポンと吸えなくなるからではないでしょうか。

<参考>
<たばこ価格>1箱519円なら半数禁煙 星城大教授ら調査(毎日新聞)
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/140-4e4eed26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。