禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2006/07/01
複写機周辺機器などを販売するリコーエレメックス(名古屋市)が喫煙室に入退室管理システムを取り付けて、在室時間を記録する「禁煙推進システム」を9月にも販売とのこと。
喫煙室の入退室時にこのカードキーをかざすことで、喫煙者ごとに喫煙室の入退出履歴を記録するというシステムです。

わたしがたばこを吸っていたときは、特に喫煙時間というのは気にしていませんでした。というのも、社長がヘビースモーカー、お客さんもヘビースモーカーという場合が多く、たばこを吸っているから、という理由で怒られることがありませんでした。

しかし、仕事が溜まったりすると、たばこを吸っている時間も仕事をすれば、多少ははかどるかなあ、などと考えたものです。今回のシステムを導入すれば、どのぐらい時間を喫煙に費やしているのか、はっきりとした数値として出るので、ごまかしが効かなくなりますね。

わたしも以前ヘビースモーカーだったころは、数時間おきに非常階段でたばこを吸っていたことがあります。何しろオフィスは禁煙ですし、吸うところはありませんでした。ただ、あまりにも喫煙本数が増えると、仕事がはかどらなくなるので、このような客観的な装置があれば、仕事への影響も最小限にできますね。オフィスでの喫煙に対して非常に冷たい視線を浴びるのは、仕事が進まないという点が大きいですから。
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/160-432db0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。