禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2007/01/04
昨年のニュースです。読売新聞によれば、厚生労働省は喫煙率を引下げのための数値目標設定を見送ることを決定したとのこと。

 理由はたばこ業界などの反発が原因だそうです。記事によれば、代わりに「喫煙をやめたい人がやめる」という目標を「健康日本21」の中間見直しに盛り込むとのこと。
2000年の「健康日本21」策定時にも、数値目標設定を断念したことがあるので、今回もある程度予想通りの結果と言ってよいでしょう。仮に数値目標設定が出来たとしても、問題は方法でしょう。やるとすれば、たばこの価格をいくらにするか?という方法で喫煙する人を減らしていくしかないと思います。だとすれば、別に数値目標を入れる必要はないはずですね。

ちなみに記事の続きは
------------------------------
 喫煙率の数値目標の新設は、厚労相の諮問機関・厚生科学審議会の専門部会で検討されていた。04年の喫煙率(男性43・3%、女性12・0%)を、「男性30%、女性10%」にするという案を軸に論議が進められていたが、一部委員と、たばこ業界が猛反発していた。
------------------------------

この中でおそらく無理だろうと思ったのが、女性の喫煙率をさらに下げること。先進国では男性の喫煙率が下がり、女性の喫煙率は上昇傾向にありますね(男性と女性の差がなくなる)。それを考えれば、欧米よりも喫煙率が低い日本の女性をさらに下げるのは非常に難しそうです。

参考:成人喫煙率(厚生労働省国民栄養調査) 2006/10/16
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/181-36c374c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。