禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/06/12
「米政府、たばこ会社への賠償請求を13分の1に減額・米紙」(NIKKEI NEWS 2005/6/8)というニュースがありました。日本では考えられない金額の裁判です。
大雑把にまとめると、

米政府がたばこ各社を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、司法省は請求額を1300億ドル(約13兆8000億円)から100億ドルへ、13分の1に減額することを口頭弁論で明らかにした。反喫煙団体が「たばこ会社の負担軽減を図る政治的決定」と批判。

このニュースは昨日紹介した映画「インサイダー」の続編的内容です。

2800億ドルの返還の為に提訴し、結局それが1300億ドルになり、今回は一気に100億ドルに減額しています。アメリカの裁判の結果を見ると、賠償金が巨額です。しかも、こんなに簡単に減額したりするところを見ると、金額そのものに根拠自体があまりないようです。

今のところ、日本でこんな金額の訴訟はありえませんが、そのうち起こるかもしれませんね。

<追記>
裁判で金額がめちゃくちゃ上下して、基準がなんなのか分からないという事例として、日亜化学の青色発光ダイオードの訴訟を思い出します。この裁判でも最初は200億円の支払いを命じたかと思えば、次の裁判では結局8億円程度になるなど、支払い金額の根拠がしっかり明示されていませんね。

<参考>
たばこ会社の社会的責任(1)2005/6/11
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/19-763c7990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。