禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2005/05123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/06

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2009/06/25
わたしはたばこを辞めて数年経ったので、たばこを吸っている人をみても吸いたいと思うことは全くなくなりました。とはいっても、自分が吸わなくても、周囲の人が吸っていると、なかなかつらいこともありますね。特に飲み会といった場所が閉鎖されているところでは。。。 すっている人たちもこちらに気を使ってくれたりしますが、そうはいってもやはりたばこくさい。元々自身がヘビースモーカーだったので、理解はしているので、さほどいらいらしないのがせめてものすくいでしょうか。

時々、たばこを吸わない方でとてもイライラして怒っている人もいますが、そういう人の気持ちも分からなくはありません。とはいっても何事も「ほどほど」というのが大事であったりします。けむりが原因とは限りませんが、精神的に落ち着かない状態では、仕事でもプライベートでも楽しくない思いをするのは自分の方になりますから、損な話ですね。だから、多くの人はたばこをすっている人を見たら、何もいわずに距離をとるのかもしれません。

先日、心理学の先生に聞いた話では、イライラしたら何か食べると良いとのこと。理由は動物は食事をしているときは基本的にリラックスしているから怒りを鎮めるには良いそうです。営業の接待でも確かに一緒に食事をするというのは、万国共通ですので、なるほどと思った次第です。よく職場でいつも何かを食べている人を見かけますが、あれば精神衛生上良いのですね。
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。