禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/06/21
先週の英国BBCニュースで、喫煙と老化の関係について記事があったので、紹介します。その記事によれば、喫煙者および肥満者は生物学的に老化しやすいとのこと。
14 June, 2005 Smoking and obesity 'age people'
(BBC)によると、喫煙は鍵となる人のDNA部分を4.6年、老化させるとあります(肥満は9年)。さらに、女性で1日1箱を40年続けた場合、7.4年分老化が進むそうです。女性であれば、老化が進むと聞いては心中穏やかではいられないはず。もちろん、老化が進むと、それだけ病気になる確率も高くなります。男女問わず、人間は心身共に若い方がいいですよね。

40年間も吸い続けて、7.4年しか老化は変わらないのか?という気がしないこともありません。老化現象というのは、目の下にクマができるようになった、ほほがたるんできた、顔にシワが増えてきた、といった顔の部分と、お腹のたるみ・贅肉、首・膝・肘などの関節の痛みなどの体の痛み、さらに老眼など様々な症状があります。女性の場合はやはり顔の悩みや贅肉・ダイエット、そんなところが気になるのではないでしょうか。老眼などの問題はコンタクトやめがねをつければ解決できますが、ほほの肉にたるみや目の下のクマなどの現象は隠しようがありませんから。
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/29-ee380b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。