禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/06/01
3日前のニュースですが、asahi.comの 上場企業の9割以上が「全面禁煙」「分煙」という記事がありました。

(以下一部抜粋)
製薬会社のファイザーが31日の世界禁煙デーを前に実施したアンケートによると、上場企業200社の96.5%が「全面禁煙」「分煙」などの喫煙制限を決めていることが分かった。
 2年前に施行された健康増進法では、事務所や学校など多数の人が利用する施設に、他人のたばこの煙を吸わされる「受動喫煙」の防止が義務づけられている。
 調査では、オフィス内で喫煙できる場所を決めている「分煙」が78.0%、「全面禁煙」としているのは17.5%だった。1.0%が禁煙タイムを設ける「時間別禁煙」を実施していると答えた。
 喫煙制限があると答えた企業について理由は、8.0%が「社員の健康のため」、5.5%が「たばこを吸わない人のため」。「(オフィスビルに)テナントとして入る入居条件だった」(6.5%)、「健康増進法に伴い」(5.0%)との回答もあった。
 喫煙制限を来客に適用している企業は44.0%、適用していない企業が34.7%にのぼった。取引先などへの遠慮が見て取れる。
 社内に禁煙希望者へのカウンセリングなど「禁煙支援プログラム」があると回答したのは6.0%。「ない」と答えた企業は85.0%にのぼり、このうち同プログラムに「関心がある」としたのは5.5%にとどまった。

まだ会社内での禁煙・分煙が行われるには時間がかかりそうです。
私が以前勤めていた会社の現場では、たばこを吸わないだけで「お前、変わってるな。」なんて言われましたが、職種や業種によってもかなりばらつきがあるのだと実感しています。
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/4-e55b532a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。