禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/07/16
日本はよく喫煙率が高い、高いと呪文のように聞かされますが、実際のところどうなのだろうと、ふと思いました。私の実感では、アメリカでもカナダでも結構たくさんの人がたばこを吸っていたので(ヨーロッパはまだ行ったことがないので、不明)。そこで調べてみると、世界の禁煙事情というサイトの中に世界の喫煙率を比較したグラフがありました。
主な国の男女別喫煙率を見ると、喫煙率NO1はなんとフィリピン。以下、インドネシア、韓国、ロシア、中国、モンゴル、日本と続きます。なぜか北海道も突然出てきますが。

このグラフの内容をまとめてみると、

・男性の喫煙率が高い国は女性の喫煙率が低い
・いわゆる先進国と言われる国では比較的、男性喫煙率が低いが、アメリカ、カナダなどよりもヨーロッパの喫煙率は高い。
・先進国では男性と女性の喫煙率が拮抗している。
・日本は先進国の中での男性喫煙率は高いが女性の喫煙率は低い


ということは、これから日本も男性の喫煙率は減少し、女性は増加する可能性が高そうです。先進国の中では喫煙率が高いのですが、発展途上国まで含めると、それほど異常に高いというわけではありません。

どうも日本のニュースなどで伝えられるときには、その部分が意図的に削られて伝達されているような気がしています。単純に禁煙運動を広める為に、「日本は喫煙率が高いから、下げるべきだ!」ということをアジテーション的に伝えるという方法は少々フェアではないと考えているので、このあたりは注意が必要ですね。
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kinenkitsuen.blog12.fc2.com/tb.php/51-16f6b62e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。