禁煙、減煙、タバコ、肺がん、健康法について考えます。禁煙体験記、減煙体験、家族の肺がん手術体験記、きん煙する方法、国内外の関連ニュースを紹介。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<スポンサードリンク>

2005/08/31
タバコ問題首都圏協議会というところで発表している「タバコやめてネ」コンテストというのがあります。何月頃発表されたのか不明ですが、面白いことをやっていますね。 「タバコやめてねコンテスト」はタバコをやめて欲しい有名人を選ぶコンテスト。
2005年のNO1に選ばれたのは歌手の和田アキ子さんが2年連続で受賞。順位は以下、ビートたけし、明石家さんま、浜崎あゆみ、磯野浪平、丸山茂樹、宮崎駿、ぺ・ヨンジュン(ヨン様)、所ジョージ、桃井かおり。11位以下では、木村拓哉、小泉今日子、清原和博、広末涼子など。

正直言って、小泉今日子や広末涼子がたばこを吸っていたとは知りませんでした。清原もたばこ吸っているから怪我が多いのかな?

面白いのは「応募者からの一口コメント」の部分です。
「髪の毛にタバコは猛毒。CMは問題/歌をもっと上手になりたくないか」(和田アキ子)、「テレビで「健康番組」をやっているのだから、禁煙すべき/やめないと孫に嫌われますよ。」(ビートたけし)、「「スモーカーズ・フェイス」になりつつある/愛犬の受動喫煙が心配。」(浜崎あゆみ)、「グリーン上での喫煙やめるべき/若手ゴルファーへ影響大/最終日にスコアが崩れるのはニコチンのせい?」(丸山茂樹)などのコメントがあります。

はっきり言えば、「大きなお世話」というべき内容ですね、ここまで言ってしまうと。ビートたけしが孫に嫌われるかどうかなど、一般の人にはなんら関係ありませんし、丸山茂樹のスコアが崩れるのがニコチンのせいかどうかなんて分かるはずもないです。

個人的にこのコメントを載せるという行為そのものが作為的だと感じます。禁煙に対する有名人の影響力(2005/8/18)の中で、有名人の影響について書きましたが、今回のコメントのように人格否定やその人の他の業績・功績などを無視するような行為はやめるべきでしょう。禁煙を推進するのは賛成ですが、「魔女狩り」になってはいけません。

<参考>
ヨン様はヘビースモーカー?(2005/8/25)
禁煙に対する有名人の影響力(2005/8/18)
スポンサーサイト

<スポンサードリンク>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。